スバル自動車の歴史

スバル自動車のAWDは他社の4WDとは根本的に違っています。それは4輪へのトルク配分をコンピュ−タコントロールで最適値を常に計算していて、適宜その配分割合を変えるのです。

ちなみにスバル自動車では四輪駆動を4WDではなくAWD(All Wheel Drive)とあえて呼んでいます。理由は、4WDはオフロードやジープなど乗用車よりも実用タイプのイメージが強いことから、これと差別化するために、スバル自動車が乗用車用に開発した四輪駆動を意図的にAWDと呼んでいます。

SUBARU(スバル自動車)の軽自動車の評判は…腐ってもSUBARU
と言われています。(ご存知でしょうが)
街中でVivioが走ってるのよく見ます。
同じクラスの他社製よりも走るような気がします。ただウルサイ。
友達がPLEO(7速セミオートiCVT)に乗ってて、
よく走るのですが燃費が悪いみたいです。

スバル自動車といえば、レガシー以外のイメージはなく何の思い入れも感情もありませんでした。しかし、30代に突入したせいでしょうか。上質なものに惹かれるようになり、車ではスバル自動車に目がいくようになりました。もちろん他のメーカーにもそれぞれお気に入りの車があるのですが、スバルの自動車には、なんとなく静かで熱い大人のオーラを感じます。レガシーも素敵ですが、インプレッサにも惹かれます。

富士重工業の自動車ブランドである「スバル」=「昴」とは、元来、プレアデス星団を意味する。

スバル自動車には、古くから「スバリスト」と呼ばれる熱心なファンが存在します。前身が航空機メーカー中島飛行機という、他の国産自動車メーカーとは全く違う歩みを持ち、かつてのスバル・360、スバル・1000以来の独創的メカニズムや、他メーカーの製品とは異なる乗り味に惹かれ、スバル自動車を乗り継ぐ人々でしょう。

自動車の基礎知識.com TOP


posted by jidousya887 at 21:03 | スバル 自動車
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。